無料プレゼント情報!

WordPress

【WordPress】最初に確認したい9つの設定

設定では項目が多くて面倒ですが、SEO的に大事な部分があります。

アフィリエイトをする上で確認しておきたい項目の重要度を(★)〜(★★★)でつけていますので、基本的に★が付いているものを確認しましょう。

  • (★)・・・・基本変更しないけど、場合によっては確認が必要
  • (★★)・・・サイトの方向性によっては確認必須!
  • (★★★)・・変更が必須の項目!

一般設定

サイトのタイトル(★★★)

一般設定の項目

サイトのタイトルを変更することができます。

サイトタイトルはSEO的にサイト名は重要な要素です。なので「関連キーワードをサイトタイトルに入れるべき」という考えていたのですが、最近は考えが変わってきました。

初期段階でサイトを作って、サイト名に直接検索されてくるということは0%です。サイトが強くなり、サイトドメインとサイト名が強くなるのは【作ってきたコンテンツが強くなってから】です。なのでサイト名にキーワードを組み込んだだけでサイトが強くなるというのは疑問視しています。

あと、「SEOの設定方法」で検索をして、結果が表示された時の表示が、

  • SEOの設定法 – ibカレッジ
  • SEOの設定法 – ibカレッジ|投資とビジネスで不労所得を…

上の2つの場合、【どちらがより閲覧者に信頼感を与えられるか】という観点からすると、前者だと考えるようになりましたし、実際にビッグワードで上位表示されているサイトの名前もシンプルにしているところが多いです。

設定方法

しかも結局はちゃんとした記事タイトルをつけていれば、サイト名のほとんどは隠れてしまいます。ですので、サイト名はシンプルにし、むしろ他のキーワードで一緒に検索されるなんてセコいことは考えずに、「このサイト名をピンポイントで検索されるくらいビッグサイトにしてやるぜ!」ぐらいに考えていきましょう。

キャッチフレーズ(★★★)

一般設定の項目

キャッチフレーズは本来であればメタディスクリプションとして設定されます。メタディスクリプションはページのhead内に記述され、ページの概要を表すテキスト情報です。検索をした時に、タイトルのワードだけではなく、ページの概要が下に書かれていて、検索ワードが太文字になっています。

wordpressの設定のポイント

実はこのメタデスクリプションはSEO効果はほとんどないのですが、ページに表示された時に閲覧者が「おっ!このページは自分の求める内容が書いてありそうだな・・・」と思ってくれやすく、クリック率が上昇しやすくなります。

その面でもメタディスクリプションは大切なのですが、サイトのキャッチフレーズに関しては【空白】にするのがベストです。

基本的にはキャッチフレーズに入力した文言はメタディスクリプションとして扱われる。しかし、使用するテンプレートによっては、このキャッチフレーズに入力したテキストが、勝手にタイトルタグで囲われたり、見出しタグ(h2タグ)で囲われたりと、SEO上、好ましくない設定になっているものがある。

ここでは難しい説明は省くが、通常、メタディスクリプションと h2 タグを同時に使用することでSEO上、不利になることはあっても有利になるケースはない。

そこで、キャッチフレーズは空白にしておいて方が安全だ。

引用:WordPressインストール後すぐやっておきたい6つの初期設定

以上のようにそれぞれの人が自分の好きなテーマを使うことを考えると空白にしておきましょう。

ちゃんとしたメタディスクリプションの記述についてはAll in One SEO Packで設定できるので、そちらをご確認ください。

WordPressアドレス

一般設定の項目

WordPressアドレスは「インストールしたWordPressを保存している場所のアドレス」のことです。特に変更はしなくて大丈夫です。

サイトアドレス

一般設定の項目

サイトアドレスは「サイトを表示するURL」のことです。こちらも特に変更はなしです。

メールアドレス

一般設定の項目

wordpress登録時のメールアドレスです。もしメールアドレスを変更した場合は、こちらを書き換えてください。

メンバーシップ

一般設定の項目

会員制サイト(ログインして閲覧できるようにする)にした時に、登録フォームというのを使いますが、そのフォームを使えるようにするにはこのメンバーシップにチェックを入れないと新規ユーザーが登録できません。

これにチェックを入れない状態でユーザーを追加したい時は、手動で管理者がユーザーを追加しないといけません。ユーザーの追加方法は以下の記事を御覧ください。

新規ユーザーのデフォルト権限グループ

一般設定の項目

新規にユーザーが登録された時に、デフォルトで管理者権限をどれにするかを設定できます。会員制サイトにすることがなければ基本的に変更はしなくていいです。

タイムゾーン

一般設定の項目

外国向けサイトでない限りはデフォルトの状態で大丈夫です。

日付のフォーマット

一般設定の項目

日付の表示の仕方が変わるのですが、基本的には変更はなしです。

時刻フォーマット

一般設定の項目

こちらも変更なしです。

週の始まり

一般設定の項目

カレンダーなどの日付の始まりが変わりますが、特に変更はなしです。

サイトの言語

一般設定の項目

サイトの表示言語を変えることができます。

投稿設定

投稿カテゴリーの初期設定(★)

投稿設定の項目

記事を投稿した時に最初にどのカテゴリーに分類するかを設定できます。デフォルトでは「未設定」になっていますが、自分でカテゴリーを作って、それに設定することもできます。基本的には変更しなくても大丈夫です。

デフォルトの投稿フォーマット

投稿設定の項目

投稿した記事が最初からどの投稿フォーマットかを設定できます。フォーマットは特にいじる必要がないので、ここでも変更する必要はありません。

メールでの投稿

メールから記事を投稿する仕組みを設定できます。メールでの投稿システムは今後なくなる予定なので、使う必要はありません。変更も必要ありません。

更新情報サービス

投稿設定の項目

更新した情報を自動的にブログランキングサイトなどに通知する機能(PING送信)を設定できます。最近はブログランキングの力が低く、登録していても廃止になってしまうこともあります。

しかも、PINGの特性として記事の新規投稿だけでなく、記事の更新のたびにPINGを送信してしまい、スパム扱いになってしまう可能性もあります。

検索クローラーへの登録はAll in One SEO Packで登録できますし、Google ConsoleのFetch as Googleで手動インデックスもできます。

なので基本的には変更・追加の必要はありません。

表示設定

フロントページの表示

表示設定の項目

フロントページ(トップページのメインエリアのこと)になにを表示させるかを設定します。ブログ運営であれば「最新の投稿」でいいですが、固定ページで作成しておいたページを置きたい場合は「固定ページ」にチェックを入れます。

1ページに表示する最大投稿数(★★)

表示設定の項目

フロントのページに表示する投稿記事の最大数を設定できます。あまりに多すぎると「表示速度の低下」「閲覧者が見づらい」などの弊害があるので、多くても10件、私の場合は5件にしてあります。記事量が100、200とあると単純に見づらいので、ここを多くする必要はありません。

RSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数

表示設定の項目

RSS/Atomフィードでの各投稿の表示

表示設定の項目

こちらは特に変更することはありません。RSSに関することは以下の記事をご覧ください。

検索エンジンでの表示(※)

表示設定の項目

サイト丸ごと検索エンジンがインデックスしなうようにする設定です。「なかなかインデックスしないなぁ〜」と思った時には、ここにチェックが入っていないか確認しましょう。

ディスカッション設定

投稿のデフォルト設定(★)

ディスカッションの設定

記事を投稿した時に通知(ピンバック・トラックバック)をしたり、受けたりする設定と投稿した記事に対してのコメントを受けるかの設定ができます。

ピンバックとトラックバックの説明については別の記事を書いていますので、そちらをご覧ください。

基本的にデフォルトのままで大丈夫です。

他のコメント設定

ディスカッションの設定

コメントの設定をすることができます。特に変更することはありません。

自分宛のメール通知(★)

ディスカッションの設定

チェックした項目が起きた時にメールで通知してくれます。特に変更することはないですが、通知が必要でない場合はチェックを外しましょう。

コメント表示条件

ディスカッションの設定

コメントを受けることはSEOとしては有効です。ですが自由に書かせるとスパムコメントも書かれてしまいます。なので、一度許可した人に関してはコメントを自由に書いてもらえるようにしておくといいでしょう。

コメントモデレーション

ディスカッションの設定

コメントブラックリスト

ディスカッションの設定

コメントモデレーションとコメントブラックリストはAkismetで設定可能なので、ここでは特に変更する必要はありません。

アバター(★)

ディスカッションの設定

コメントを受けて、返信をした時に「ミステリーパーソン」だと味気ないと思った場合には変更が必要です。自分のロゴまたはイラストをアバターにしたい場合は「Gravatarロゴ」でロゴの登録をするか、システムの書き換えが必要です。設定の方法は以下の記事をご覧ください。

メディア設定

画像サイズ(★)

メディアの設定

この画像サイズでは「メディア」から画像を挿入する時に右下の「サイズ」をクリックすると、画像を挿入する大きさを【サムネイル】【中】【大】【フルサイズ】で決めることができます。

その【サムネイル】【中】【大】の大きさの最大値を決めることができます。

メディアの設定

基本的には変更しなくていいですが、導入したテーマの記事の大きさと使い勝手によって変更するといいでしょう。

パーマリンク設定

共通設定(★★★)

パーマリンク設定の項目

ここの項目はとても重要です。検索エンジンとしてはURLが分かりやすい表示になっていることがいいです。その分かりやすいURLの形は以下の2つと考えます。

  1. http://ibm-life.com/wordpress/find-theme-and-install
  2. http://ibm-life.com/wordpress-find-theme-and-install

前者はwordpressというカテゴリー内のfind-theme-and-installという分かりやすいURLになっています。そして、後者はカテゴリーの表示はなく、wordpress-find-theme-and-installというパーマリンクを自分で設定して、分かりやすさを出しています。

どちらでもいいのですが、前者の場合、今後カテゴリー移動をしてしまうと被リンクを貼られていたものが外れてしまう可能性が高くなってしまいます。カテゴリーを移動させないというのであればどちらでも構いません。

設定の変更方法ですが、【カスタム構造】にチェックを入れて、

  1. 記入欄に「/%category%/%postname%」と記入する
  2. 記入欄に「/%postname%」と記入する

のどちらかを適応しましょう。

パーマリンク設定の項目 パーマリンク設定の項目

オプション

パーマリンク設定の項目

先ほどのURLのカテゴリーの手前にベースカテゴリーを置くことになるので、SEO的には複雑になってしまい、よろしくありません。こちらは特に変更は必要ありません。

無料プレゼント情報!

関連記事

  1. 【WordPress】メニューの設定方法

    WordPress

    【WordPress】メニューの設定方法

    メニューの設定方法メニューでは「ヘッダーのメニュー」や「サイド…

  2. 【WordPress】外観のカスタマイズの使い方

    WordPress

    【WordPress】外観のカスタマイズの使い方

    外観のカスタマイズの解説【外観】の【カスタマイズ】では…

  3. 【WordPress】カテゴリー&タグ設定

    WordPress

    【WordPress】カテゴリー&タグ設定

    カテゴリーの設定カテゴリーは記事の新規追加の欄でも追加すること…

  4. 【WordPress】記事の新規投稿&編集画面の解説

    WordPress

    【WordPress】記事の新規投稿&編集画面の解説

    記事を新しく投稿する方法WordPressで新しい記事を投…

  5. 【WordPress】プラグインの探し方と導入方法

    WordPress

    【WordPress】プラグインの探し方と導入方法

    プラグインの検索&導入方法方法① WordPressから検索&…

  6. WordPress

    【WordPress】固定ページの新規追加と編集画面の解説

    固定ページと投稿ページの違いは?固定ページと投稿ページは編集方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

投資成績

【自分で積立投資-SP投資】

2013年 年利10.8%

2014年 年利12.7%

2015年 年利15.3%

2016年 年利16.6%


2017年1月 月利1.49%

2017年2月 月利1.48%

2017年3月 月利1.85%

2017年4月 月利1.97%

2017年5月 月利1.60%

2017年6月 月利2.30%

2017年7月 月利1.85%

2017年8月 月利2.03%

2017年9月 月利1.77%

2017年10月 月利1.75%←New!!

(10ヶ月の複利17.4%)

※利率は低く見えますが、資金を他人に預けない形の積立式運用なので、安全に着実に複利運用で資産が倍増していきます。

【個人投資成績】

1月 +66万6250円(月利133.3%)

2月 +170万5000円(月利341%)

3月 +62万8250円(月利125.7%)

4月 +24万8000円(月利49.6%)

5月 -13万4500円 残念!

6月 +5万3750円(月利10.8%)

7月 +10万250円(月利20.1%)

8月 -25万8750円 残念!←New!!

8ヶ月累計 +300万8250円(利率602%)

※元本50万円を用意した場合の結果

【四季報-見出し分析】

2016新春号 損益率-3.5%

2016春号 損益率 +15.4%

2016夏号 損益率 -1.9%

2016秋号 損益率 +15.2%

2017新春号 損益率 +21.5%



→詳しい実績はコチラ

最近の記事

  1. 円高・円安
  2. ドルコスト平均法
  3. FXのスプレッド
  4. レバレッジと強制ロスカット

facebook友達募集中!

※メッセージで「IBカレッジから来た」と知らせてくれると確実に承認できます!

ブログランキング参加中!

PAGE TOP