無料プレゼント情報!

株-基礎知識

成行注文・指値注文とは?分かりやすい図解解説

株式投資を学び始め、証券口座を解説し、いざ注文しようと意気込んではみたものの

「どうやって注文するんだ??」

と躊躇するのではないでしょうか?

今回は注文の仕方の中でも基本となる「成行注文」「指値注文」について解説していきたいと思います。

まず注文板からおさらい

成行注文と指値注文をしっかり理解する上で注文板の見方を理解していないと難しくなります。

注文板の復習

注文板の左側には株を売りたい人たちが集まっていて、右側には株を買いたい人たちが集まっていて、予約をしている状態です。注文板の詳しい解説は以下のリンクをご覧ください。

成行注文

成行注文は簡単に言ってしまうと「今すぐに買いたい!(売りたい!)」という注文です。

値段的には少々不利になってもいいので、今すぐに欲しい(売りたい)場合に成行注文をします。

ではなぜ「少々不利になっても」なのかを注文板を使って解説していきます。

注文板で見る成行注文(買い)

成行注文はとにかく今すぐ欲しいという注文なので、既に株を売ることを予約していてくれている人達から買い漁ることになります。

注文板で見る成行注文

上図の様な注文板があって、ここから5000株を成行買い注文したとすると、既に売りの予約をしてくれている「100円の1000株全部」「101円の3000株全部」「102円の4000株のうち1000株」を買うことになります。

現在価格が100円か99円あたりだったのにも関わらず、最終的に入手するのにかかった平均取得単価は101円になってしまい、「少々不利」な価格で買うことになります。しかし、今すぐに株を手に入れることができました。

注文板で見る成行注文(売り)

では逆に「今持っている株を今すぐに売りたい」という成行売り注文の場合を見てみましょう。

注文板で見る成行注文

この注文板で既に持っている5000株を成行売り注文したとすると、既に買いたいと予約の入っていた「99円の2000株全部」「98円の3000株全部」に対して株を売ることになります。

現在価格が100円または99円なのに対して、最終的な平均取得単価は98.4円になってしまい、売るときにも「少々不利」になってしまうのです。

この様に成行注文というのはすぐに手に入る代わりに、不利な価格になってしまう可能性があることを理解しておきましょう。

成行注文での注意点

成行注文では注文するときに注意すべき点があります。例えばある銘柄が現在価格が100円で「おっ!めちゃ安い水準じゃん!買おう!」と思ったとします。注文板を確認せずに成行注文を出すととんでもないことになる可能性があります。

成行注文の注意点

上の図の注文板をよく見てみてください。気配値の数字が飛び飛びになっているのが分かるでしょうか?ほとんどの注文アプリなどでは「指値の入っていない値段帯は表示されない」ので、この様な注文板はよくあります。この状態を「板がスカスカ」と表現したりします。

この注文板の状態で5000株の成行買い注文を出したとすると、「100円に1000株全部」「118円の3000株全部」「119円の4000株から1000株」を買うことになり、現在株価が100円と思って買ったのに平均取得単価は114.6円になってしまいました。

この様に注文板を確認して理解できないと、不利な状態からスタートしてしまうことがあるので、十分注意しましょう!

指値注文

指値注文は簡単に言ってしまうと「この値段で予約します!」という注文です。

今すぐでなくてもいいので、自分が設定した値段で取得or売却したい場合の注文方法です。

では注文板を使って解説していきます。

注文板で見る指値注文(買い)

指値注文は予約注文みたいなものなので、すぐに株を取得することにはなりません。

注文板で見る指値注文

上図の様な注文板があったとして、95円で5000株の指値買い注文をしたとすると、注文板に既に予約されている1000株と合わせて予約表示されます。他の人が成行売り注文をどんどんしていって、自分が予約していた分まで成行売りが行われることで株を手に入れることができます。

ここで注意点なのですが、仮に95円まで行ったとしても1000株しか成行売りがこなかった場合、先に予約注文していた1000株が優先的に売買されるので、自分の5000株は残ったままとなります。

「現在価格が95円なのになんで買えてないの!!!?」と混乱せずに、先着順だということを理解しておきましょう。

注文板で見る指値注文(売り)

次に既に持っている株を予定した値段で売却したい場合を解説します。

注文板で見る指値注文

上図の様な注文板の状態で、105円で5000株を指値売り注文した場合、既にある6000株と合わせて11000株が予約表示されます。「高くてもいいから買いたい!」という成行買い注文の人たちがどんどん買って行ってくれれば、自分が設定した値段で売却が可能となります。

先ほどの指値買い注文と同じ様に、先着順での売買なので、自分の設定した値段まできたとしても売れていない可能性もあるので注意しましょう。

無料プレゼント情報!

関連記事

  1. 【株式】低いと割安!?PBRの意味を分かりやすく動画解説!

    株-基礎知識

    低いと割安?PBRの意味を分かりやすく図解で解説!

    株式投資のファンダメンタル投資においてPBRというのは重要な指標の…

  2. 【株式】損切りには必須手法!逆指値注文を分かりやすく動画解説!

    株-基礎知識

    損切りには必須!逆指値注文を分かりやすく図解解説!

    株で運用していくときにリスク管理はとても大事です。リスク管理ができ…

  3. 【株式】損切りできずに塩漬けにしていませんか?その心理を解説!

    株-基礎知識

    塩漬け株にしない「損切り3か条」で楽をしよう!

    「利益を得る」VS「損を抑える」どっちが大事?こんな問いをした…

  4. 【株式】買い売りのタイミングが分かる!?MACDを詳しく動画解説!

    株-基礎知識

    買い売りのタイミングが分かる!MACDを詳しく動画解説!

    テクニカル分析で基礎中の基礎に「移動平均線」がありますが、今回説明…

  5. 株-基礎知識

    意外と簡単な移動平均線の見方を図解で分かりやすく解説!

    移動平均線とは?移動平均線とは、一定期間(5日間、25日間、7…

  6. 【株式】株式会社VS株主メリット・デメリットを動画解説!

    株-基礎知識

    株式会社のメリットとは?仕組みを図解で解説

    あなたが投資しようとしている株式というものがどういうものなのかを理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

投資成績

【自分で積立投資-SP投資】

2013年 年利10.8%

2014年 年利12.7%

2015年 年利15.3%

2016年 年利16.6%


2017年1月 月利1.49%

2017年2月 月利1.48%

2017年3月 月利1.85%

2017年4月 月利1.97%

2017年5月 月利1.60%

2017年6月 月利2.30%

2017年7月 月利1.85%

2017年8月 月利2.03%

2017年9月 月利1.77%

2017年10月 月利1.75%←New!!

(10ヶ月の複利17.4%)

※利率は低く見えますが、資金を他人に預けない形の積立式運用なので、安全に着実に複利運用で資産が倍増していきます。

【個人投資成績】

1月 +66万6250円(月利133.3%)

2月 +170万5000円(月利341%)

3月 +62万8250円(月利125.7%)

4月 +24万8000円(月利49.6%)

5月 -13万4500円 残念!

6月 +5万3750円(月利10.8%)

7月 +10万250円(月利20.1%)

8月 -25万8750円 残念!←New!!

8ヶ月累計 +300万8250円(利率602%)

※元本50万円を用意した場合の結果

【四季報-見出し分析】

2016新春号 損益率-3.5%

2016春号 損益率 +15.4%

2016夏号 損益率 -1.9%

2016秋号 損益率 +15.2%

2017新春号 損益率 +21.5%



→詳しい実績はコチラ

最近の記事

  1. 円高・円安
  2. ドルコスト平均法
  3. FXのスプレッド
  4. レバレッジと強制ロスカット

facebook友達募集中!

※メッセージで「IBカレッジから来た」と知らせてくれると確実に承認できます!

ブログランキング参加中!

PAGE TOP