無料プレゼント情報!

株-基礎知識

塩漬け株にしない「損切り3か条」で楽をしよう!

「利益を得る」VS「損を抑える」どっちが大事?

こんな問いをしたら、感覚的には利益を得ることが大事なように感じますが、実は投資においては「どれだけ損を抑えられるか」が大事になります。

損を抑えるのが大事

上の表を見ていただきたいのですが、例えば100万円あったとして、50%の損(-50万円)したとして、残った50万円を元の100万円にするために必要な利益率は100%(つまり2倍)になります。

掛け算割り算の世界では、2で割ったから2を掛ければいいという単純な話ですが、元本がある投資の世界では損益率が平等ではありません。

表からもわかるように、20%の損をしただけでも戻すためには5%を上乗せした25%の利益を出さないと元に戻すことすら難しいです。

自分が採用している投資手法がどれだけの勝率・利益率なのかを把握していない場合を除いて、基本的には損切りは10%いかに抑えておくのが無難でしょう。

塩漬けしてしまう人の心理を理解しよう

プロスペクト理論

ここで心理テストをしてみたいと思います。以下の2つの質問のどちらがいいか選んでください。

①100%の確率で50万円を失う

②50%の確率で100万円を失う。50%の確率で何も失わない

さて、この2つの場合、どちらがいいでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・どうでしょうか?

実はこの2つの質問の期待値は両方とも-50万円なので、理論的には同じなのです。(仮に100回繰り返したとしても理論的には「5000万円を失う」に収束していきます。)

ですが、この質問をするとほとんどの人が②番を選択します。

この結果を受けた心理学者が考察するに、「人は無意識に確定的な損失を回避しようと考えてしまう」ということがわかりました。

つまり先ほどの2つの質問でいうと

①100%の確率で50万円を失う
(確実に50万円失うのか〜)

②50%の確率で100万円を失う。50%の確率で何も失わない
(もしかしたら何も失わずに済むかもしれない!)←しかし100万を失うことに意識が向いていない

と言った心理が無意識に働いてしまうのです。

この心理的な傾向性をプロスペクト理論といいます。

人は根本的に損を広げやすい

ここで先ほどの理論を株の話に置き換えてイメージしていきましょう。先ほどの質問をもう一度見てみると

①100%の確率で50万円を失う

②50%の確率で100万円を失う。50%の確率で何も失わない

このようになっています。では少し文章をいじって見ましょう。

①今損切りすれば、50万円を失う

②(損切りしなければ)50%の確率で100万円を失うかもしれない。
でも、もしかしたら50%の確率で元に戻るかもしれない。

このように中身をほとんど変えずに文章を変えてみました。でもここで考えて欲しいのですが、②番のように「50%の確率で元に戻る」と言ったことは現実世界ではまずわかりません。ですので、さらに現実的な文章に書き換えると・・・

①今損切りすれば、50万円を失う

②(損切りしなければ)もしかしたら100万円を失うかもしれない。
でも、もしかしたら元に戻るかもしれない。

という風に「確定的損」VS「あやふやな損?」と言った構図になります。プロスペクト理論からすると②番を多くの人が選択して、株を塩漬けしてしまうのです。

さらに言及しておくと、先ほどは50%の確率の損得が分かっていたのでどちらを選んでも結果は同じ(に収束していく)なのですが、もしプロの投資家から見て「この状況で損切りしないと90%の確率で100万円失うな・・・」と言った状況なのだとしたら、②番の期待値は-90万円になってしまい、①番を選んだ方がよかったとなるのです。

プロの投資家が含み損を持っていてもナンピン買いをできるのは、含み損になることを前提に少額ずつナンピン買いしていたり、含み損になった状況でも確信に近い経験則やデータを持っていることが多いです。

あなたがそのようなプロの投資家に近い確信的な経験則やデータを持っているのであれば塩漬けしてもいいのですが、そうでない場合は損切りをしっかり設定しましょう!

無料プレゼント情報!

関連記事

  1. 【株式】損切りで得する?損しないトレール方法を動画で解説!

    株-基礎知識

    損切りで得する!損しないトレール方法を動画で解説!

    利益確定と損切り売りであれ買いであれエントリーした後に待ち構え…

  2. 【株式】窓開け・窓埋めとは?わかりやすく動画解説!

    株-基礎知識

    チャートパターン窓開け・窓埋めとは?わかりやすく図解解説!

    あσファチャートの窓チャートを見ているとこのような隙間を見…

  3. 株-基礎知識

    トレンドを掴め!ロウソク足の特徴を図解で解説!

    ロウソク足はその期間の売買の流れを分かりやすい1つの図にしてくれて…

  4. 【株式】株式会社VS株主メリット・デメリットを動画解説!

    株-基礎知識

    株式会社のメリットとは?仕組みを図解で解説

    あなたが投資しようとしている株式というものがどういうものなのかを理…

  5. 【株式】企業の収益性を見れる!ROE・ROAの動画解説!

    株-基礎知識

    企業の収益性を判断!ROE・ROAを分かりやすく図解解説!

    株式投資、特にファンダメンタル分析をする時に使うのが指標系ですが、…

  6. 【株式】成行注文・指値注文とは?分かりやすく動画解説!

    株-基礎知識

    成行注文・指値注文とは?分かりやすい図解解説

    株式投資を学び始め、証券口座を解説し、いざ注文しようと意気込んでは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

投資成績

【自分で積立投資-SP投資】

2013年 年利10.8%

2014年 年利12.7%

2015年 年利15.3%

2016年 年利16.6%


2017年1月 月利1.49%

2017年2月 月利1.48%

2017年3月 月利1.85%

2017年4月 月利1.97%

2017年5月 月利1.60%

2017年6月 月利2.30%

2017年7月 月利1.85%

2017年8月 月利2.03%

2017年9月 月利1.77%

2017年10月 月利1.75%←New!!

(10ヶ月の複利17.4%)

※利率は低く見えますが、資金を他人に預けない形の積立式運用なので、安全に着実に複利運用で資産が倍増していきます。

【個人投資成績】

1月 +66万6250円(月利133.3%)

2月 +170万5000円(月利341%)

3月 +62万8250円(月利125.7%)

4月 +24万8000円(月利49.6%)

5月 -13万4500円 残念!

6月 +5万3750円(月利10.8%)

7月 +10万250円(月利20.1%)

8月 -25万8750円 残念!←New!!

8ヶ月累計 +300万8250円(利率602%)

※元本50万円を用意した場合の結果

【四季報-見出し分析】

2016新春号 損益率-3.5%

2016春号 損益率 +15.4%

2016夏号 損益率 -1.9%

2016秋号 損益率 +15.2%

2017新春号 損益率 +21.5%



→詳しい実績はコチラ

最近の記事

  1. 円高・円安
  2. ドルコスト平均法
  3. FXのスプレッド
  4. レバレッジと強制ロスカット

facebook友達募集中!

※メッセージで「IBカレッジから来た」と知らせてくれると確実に承認できます!

ブログランキング参加中!

PAGE TOP