無料プレゼント情報!

投資-基礎知識

複利運用で資産1億円を作る方法と考え方

単利と複利

資産運用をする時に、運用方法として単利運用・複利運用の2つがあります。

単利・・・投資額が一定のまま
複利・・・投資額が利益分増えていく

という特徴があります。

例えば100万円を年利10%で運用するとした時、

単利運用では1年目に利益10万円を出します。
2年目も投資額は同じなので利益が10万円になります。
3年目も投資額が変化しないので、利益が10万円になります。

対して複利運用では1年目に利益10万円を出します。
この1年目の10万円を投資額に加えるので投資額が110万円になります。
2年目は投資額110万円なので、利益が11万円になります。
そして、この11万円が投資額に加わるので投資額が121万円になります。
3年目は投資額が121万円なので、利益が12万円になります。

単利と複利

このように最終的に3年目終了後には単利は130万円、複利は133万円となり、3万円の差が生じています。

複利運用の凄まじさ

ここで複利運用の凄まじさを理解していただきたいと思います。

例えば100万円を年利10%で複利運用した場合、
100万円が1000万円になるのは25年後、
100万円が1億円になるのは49年後、
100万円が10億円になるのは73年後となります。

複利運用の凄まじさ

さらに先ほどは複利運用は元金の100万円以外は全く資金を入れていません。

そこで、100万円を元本に毎月5万円を追加しながら年利10%で複利運用(つまり積立式の複利運用)をすると、

1000万円になるのは9年後、
1億円になるのは28年後、
10億円になるのは52年後、
100億円になるのは76年後になります。

積み立て式複利運用

このように、かなり早い段階で1億円を目指すことが可能になります。

複利運用の大事な観点に「時間の力を最大限に使える」というのがあります。

先ほどの単利と複利の比較では3年程度だとたった3万円の差しかないですが、

10年後だと59万円の差
20年後だと373万円の差
30年後だと1345万円の差
40年後だと4026万円の差
50年後だと1億1139万円の差

という風に、長期になればなるほど複利運用の凄まじさがわかります。

72の法則

ここで投資資金が2倍になる時の複利計算が楽になる「72の法則」をご紹介します。

これを覚えておくと、暗算で計算ができるようになるので、覚えておきましょう。

例えば、年利5%で運用することを目標とした時に、投資金が2倍になる年数は

72÷5%(年利)=14.4年

という計算で求めることができます。

また、投資金を8年で2倍にするために必要な年利を求める時は

72÷8年=9%(年利)

という計算式になります。

これが月利での計算になると、出てくる期間が月換算になります。

72の法則

 

無料プレゼント情報!

関連記事

  1. キャピタルゲインとインカムゲインの違いを図解で解説してみた

    投資-基礎知識

    キャピタルゲインとインカムゲインの違いを図解で解説してみた

    インカムゲインとキャピタルゲイン「投資」で利益を得る方法には2…

  2. 投資-基礎知識

    4つのクワドラントでお金持ちになる方法

    4つのクワドラントとは?私が投資を勉強するようになったのは、ロ…

  3. 投資-基礎知識

    楽してお金持ちになる時間とお金のレバレッジとは?

    レバレッジとは?レバレッジとは「てこの原理」とも言われ、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

投資成績

【自分で積立投資-SP投資】

2013年 年利10.8%

2014年 年利12.7%

2015年 年利15.3%

2016年 年利16.6%


2017年1月 月利1.49%

2017年2月 月利1.48%

2017年3月 月利1.85%

2017年4月 月利1.97%

2017年5月 月利1.60%

2017年6月 月利2.30%

2017年7月 月利1.85%

2017年8月 月利2.03%

2017年9月 月利1.77%

2017年10月 月利1.75%←New!!

(10ヶ月の複利17.4%)

※利率は低く見えますが、資金を他人に預けない形の積立式運用なので、安全に着実に複利運用で資産が倍増していきます。

【個人投資成績】

1月 +66万6250円(月利133.3%)

2月 +170万5000円(月利341%)

3月 +62万8250円(月利125.7%)

4月 +24万8000円(月利49.6%)

5月 -13万4500円 残念!

6月 +5万3750円(月利10.8%)

7月 +10万250円(月利20.1%)

8月 -25万8750円 残念!←New!!

8ヶ月累計 +300万8250円(利率602%)

※元本50万円を用意した場合の結果

【四季報-見出し分析】

2016新春号 損益率-3.5%

2016春号 損益率 +15.4%

2016夏号 損益率 -1.9%

2016秋号 損益率 +15.2%

2017新春号 損益率 +21.5%



→詳しい実績はコチラ

最近の記事

  1. 円高・円安
  2. ドルコスト平均法
  3. FXのスプレッド
  4. レバレッジと強制ロスカット

facebook友達募集中!

※メッセージで「IBカレッジから来た」と知らせてくれると確実に承認できます!

ブログランキング参加中!

PAGE TOP