無料プレゼント情報!

FX-基礎知識

ドルコスト平均法の仕組み

2つの通貨の買い方

定期的に資金を追加していき投資をしていく「積立式投資」というのがあります。

定期的に「どう買うか」というのは「定量購入法」「定額購入法」の2つの買い方があります。

「定量購入法」というのは、毎回同じ口数・通貨数を買う方法です。レートに関係なく、毎月100ドルを投資に追加していきます。

「定額購入法」というのは、毎回同じ金額で通貨を買う方法です。毎月1万円を追加していき、レートの上下によって購入通貨数が変化します。

今回この記事で説明する「ドルコスト平均法」は「定額購入法」と同じ買い方をしていく手法です。

定量購入法と定額購入法

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法は「定期的に同じ金額ずつ購入する手法」のことを言います。

ドルコスト平均法

例えば毎月10万円分の通貨を購入する場合、

1ドル=110円の時には10万÷110=909ドルを購入

1ドル=100円の時には10万÷100=1000ドルを購入

1ドル=90円の時には10万÷90=1111ドルを購入

このようにレートの動きによって買う通貨数が変化します。

レートが高い時は購入通貨数が少なくなり、
レートが低い時は購入通貨数が多くなります。

ドルコスト平均法の買い方

このように定期的に買う時に定額で買うことで、お得なレートが低い時に多くの通貨を買うことができ、購入取得単価を下げることができるようになります。

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法を使うことによって様々なメリットがあります。

  • レートが低い時に多く通貨を買うことができる
  • 平均取得単価を低くすることができる
  • 定期的に定額なので資金管理がしやすい

ドルコスト平均法 VS 定量購入法

ではここで、本当にドルコスト平均法が有利なのかどうかを実際のレートの動きから算出して比較してみましょう。

【条件】
ドルコスト平均法・・・毎月1日に1万円分を購入
定量購入法・・・・・・毎月1日に95ドル分を購入
※最終的に総投資資金をほぼ同じにするために95ドルを買うようにした

2000年〜2016年のドル円レート

以上の条件で、2000年1月〜2016年12月まで通貨を淡々と買っていき、最終的に2016年12月末にどうなっているかを算出すると・・・ドルコスト平均法VS定量購入法の結果

最終的にドルコスト平均法の方が総取得通貨数が多くなり、平均取得単価が下がっています。

つまり、ドルコスト平均法で積立投資をした方が有利だったことがわかります。

いろいろな条件で比較してみた

ドル円の実際の値動きではドルコストに軍配が上がりましたが、他のチャートパターンでも有利なのかを検証してみました。

検証したパターンとしては

  1. ずっと上昇パターン
  2. ずっと下落パターン
  3. 一旦上昇して下落パターン
  4. 一旦下落して上昇パターン
  5. 上下を繰り返すパターン(ボックス相場)

の5パターンを検証してみました。

①ずっと上昇パターン

1ドル=100円から始まり、毎月1円ずつ上昇し、150円までずっと上昇し続ける場合を想定しました。

ドルコスト平均法は毎月1万円分を購入し、定量購入法は毎月80ドルを購入します。

ずっと上昇パターンの結果

結果はドルコスト平均法に軍配が上がりました。

②ずっと下落パターン

1ドル=100円から始まり、毎月1円ずつ下落し、50円までずっと下落し続ける場合を想定しました。

ドルコスト平均法は毎月1万円分を購入し、定量購入法は毎月133ドルを購入します。

ずっと下落パターンの結果

結果はドルコスト平均法に軍配が上がりました。

③一旦上昇して下落パターン

1ドル=100円から始まり、毎月1円ずつ上下し、130円で下落になり、最終的に110円で終わるとします。

ドルコスト平均法は毎月1万円分を購入し、定量購入法は毎月86ドルを購入します。

一旦上昇して下落パターンの結果

結果はドルコスト平均法に軍配が上がりました。ただ大きな違いがないことがわかります。

④一旦下落して上昇パターン

1ドル=100円から始まり、毎月1円ずつ上下し、70円で上昇になり、最終的に90円で終わるとします。

ドルコスト平均法は毎月1万円分を購入し、定量購入法は毎月120ドルを購入します。

一旦下落して上昇パターンの結果

結果はドルコスト平均法に軍配が上がりました。

⑤上下を繰り返すパターン(ボックス相場)

1ドル=100円から始まり、毎月1円ずつ上下し、100円と90円の間を上下します。

ドルコスト平均法は毎月1万円分を購入し、定量購入法は毎月105ドルを購入します。

上下を繰り返すパターンの結果

結果はドルコスト平均法に軍配が上がりました。

このようにあらゆるパターンでドルコスト平均法に軍配が上がります。

積立投資をする上ではドルコスト平均法で運用することで平均取得単価を下げることができ、リスクを下げることにもなります。

無料プレゼント情報!

関連記事

  1. レバレッジと強制ロスカット

    FX-基礎知識

    レバレッジと強制ロスカットの仕組みを分かりやすく解説

    FXのレバレッジとは?FXにおけるレバレッジとは「少ない資本金…

  2. FXとは?

    FX-基礎知識

    FXとは?5つのメリット

    FXとは?FXはForeign Exchangeの略で外国為替…

  3. FXのスプレッド

    FX-基礎知識

    隠れた手数料?スプレッドの仕組み

    スプレッドとは?スプレッド(Spread)とは「幅・広さ」とい…

  4. 円高・円安

    FX-基礎知識

    円安・円高になる為替の仕組み

    円高・円安とは投資をしていないと、海外旅行をするときぐらいしか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

投資成績

【自分で積立投資-SP投資】

2013年 年利10.8%

2014年 年利12.7%

2015年 年利15.3%

2016年 年利16.6%


2017年1月 月利1.49%

2017年2月 月利1.48%

2017年3月 月利1.85%

2017年4月 月利1.97%

2017年5月 月利1.60%

2017年6月 月利2.30%

2017年7月 月利1.85%

2017年8月 月利2.03%

2017年9月 月利1.77%

2017年10月 月利1.75%

2017年11月 月利1.96%←New!!

(11ヶ月の複利19.2%)

※利率は低く見えますが、資金を他人に預けない形の積立式運用なので、安全に着実に複利運用で資産が倍増していきます。

【個人投資成績】

1月 +66万6250円(月利133.3%)

2月 +170万5000円(月利341%)

3月 +62万8250円(月利125.7%)

4月 +24万8000円(月利49.6%)

5月 -13万4500円 残念!

6月 +5万3750円(月利10.8%)

7月 +10万250円(月利20.1%)

8月 -25万8750円 残念!←New!!

8ヶ月累計 +300万8250円(利率602%)

※元本50万円を用意した場合の結果

【四季報-見出し分析】

2016新春号 損益率-3.5%

2016春号 損益率 +15.4%

2016夏号 損益率 -1.9%

2016秋号 損益率 +15.2%

2017新春号 損益率 +21.5%



→詳しい実績はコチラ

最近の記事

  1. 円高・円安
  2. ドルコスト平均法
  3. FXのスプレッド
  4. レバレッジと強制ロスカット

facebook友達募集中!

※メッセージで「IBカレッジから来た」と知らせてくれると確実に承認できます!

ブログランキング参加中!

PAGE TOP